自己紹介

どうも。emaと申します。

以前は独立系のSIerのソルジャーでした。現在はWEB系エンジニアに転職し、自社サービスの開発をしています。

まずは転職を決意した昔話でも。

SIerのソルジャー時代は下級ソルジャー、いわゆる弱小SIerでしたので下請けが基本。 いつも納期が厳しく朝から晩まで残業なんて当たり前。 BtoBですが誰が何のためにどのように使っているのかも良く分からないアプリケーションを開発していました。

転職を決意した理由1:使う技術が古くて将来が不安

開発現場に関しては枯れた技術(JavaのフレームワークであるStruts1,2系など)を使ってたり20年以上前のコードを修正したり、最近の技術とは無縁の開発でモチベーションが上がらない毎日でした。

これはSIerあるあるなのですが、一般的に顧客は安定稼働を好むので最近の技術より安定した技術を好みます。安定した技術そのものは悪くないのですが、技術の流行に付いていけず、枯れた技術をずっと使い続ける顧客も多いのです。そんな開発現場で働き続けると技術レベルは当然低くなります。

つまり技術は取引先の顧客に依存することが多く、残念ながら私はこのタイプの現場でした。

「モノ作り」が好きで飛び込んだ業界ですが、このままではエンジニアとして時代に適応できなくなってしまう未来が見えたのです。

転職を決意した理由2:現場のたらい回し

顧客が作ってほしいシステムを開発し、期日までに納品、そして次の現場へ。
システム開発そのものが好きで技術だけを追い求めるのであれば、このサイクルは良いのかもしれません。

最初の頃はシステム開発自体が好きで作り終わったあとの世界は気にしていませんでしたが、何度か経験を重ねているうちに「これを使うユーザーはどう思っているんだろう?」や「もっとこうした方が良いのでは?」などと実際の利用シーンを考えていました。

こうして作ったら終わりではなく、ユーザーと向き合いながらサービスを育てていける環境が自分に合っているのでは?と思うようになりました。

転職を決意した前置きが長くなりましたが以上を踏まえた環境は

  • モダンな技術を積極的に採用している、技術に対するアンテナが高い
  • 常にブラッシュアップし続けている自社サービスを持っている

ということになり転職を決意。
そんなかんでSIerからWEB系に転職し現在に至っています。

なんだか固い話になってしまいましたが技術以外にも色々発信していきますのでよろしくお願い致します。
あ、ちなみにラーメンが好きでジャンルは「家系」が特に好き。ライスと一緒に食べる炭水化物+炭水化物のギルティな組み合わせがたまりません。最近それにタマネギを入れることにハマっています。

タイトルとURLをコピーしました